企業情報

ホーム企業情報 > 沿革

沿革

イメージフォト

1995年(H7) 4月
資本金10億円にて、エヌ・アンド・イー株式会社設立
日本製紙(株)、永大産業(株)による合同出資
1996年(H8) 6月
増資 資本金30億円
1996年(H8) 10月
国内最大を誇るMDF製造ライン完成
1997年(H9) 1月
NEOボード営業生産開始、国内4社目のMDF生産会社となる
1998年(H10) 7月
親会社 日本製紙(株)から(株)パルになる
1998年(H10) 10月
連続操業体制に入る
1999年(H11) 10月
E0ボード(現F☆☆☆ボード)の営業生産開始
2001年(H13) 5月
JISマーク(JIS A 5905 認定番号 702001)取得
2002年(H14) 10月
増資 資本金37億5千万円
2003年(H15) 2月
F☆☆☆☆ボード営業生産開始(業界に先駆けての市場投入)
2004年(H16) 10月
間伐材マーク取得(認定番号K0409161)
2005年(H17) 11月
木材表示推進協議会への加盟認可(No.356001)
2006年(H18) 3月
弊社が展開している「国産材利用システム」が、第6回木材供給システム優良事例コンクールにおいて「林野庁長官賞」を受賞
2006年(H18) 9月
39グリーンスタイルマーク取得(A-(1)-060017)
2006年(H18) 12月
とくしま森とみどりの会と『とくしま森を守るパートナーシップ協定書』に調印
2007年(H19) 5月
ガスタービンを灯油焚き仕様から天然ガス焚き仕様に改造、及び稼動開始
2008年(H20) 7月
新JISマーク認証取得(JIS A 5905 繊維板)
2009年(H21) 1月
研究開発棟完成
2009年(H21) 6月
ISO 9001:2008 登録
2010年(H22) 3月
徳島木材認証制度 登録 (認定番号:徳木機構第137号)
2010年(H22) 10月
親会社 パル(株)から(株)パルウッドマテリアルに社名変更
「緑の循環」認証会議(SGEC) CoC認定 (認定番号:JAFTA-W103)
2011年(H23) 2月
SGEC認証MDFの生産開始
みなとモデル二酸化炭素固定認証制度 登録
2012年(H24) 4月
ISO 14001:2004 登録
2012年(H24) 7月
親会社 (株)パルウッドマテリアルから日本製紙木材(株)になる
2012年(H24) 8月
MDF増産対策設備工事挙行
2013年(H25) 6月
社会に貢献した個人や団体に顕彰される賞で産業分野にて第49回徳島新聞賞を受賞
2013年(H25) 8月
エヌ・アンド・イー企業連として徳島阿波踊り初参加
2013年(H25) 8月
サンダーを増設
2014年(H26) 10月
小割加工営業生産開始
2015年(H27) 3月
ボード重量計導入
2017年(H29) 2月
減資 資本金4億5千万円
2017年(H29) 3月
とくしま協働の森林づくり推進機構と「とくしま協働の森づくりパートナーシップ協定書」に調印
徳島県木材協同組合連合会 賛助会員として加入
2017年(H29) 4月
とくしま木づかい県民会議 正会員として加入